スペイン巡礼路 800kmを歩く
          サン・ジャン・ピエ・ド・ポー(フランス)から、
                    
サンティアゴ・デ・コンポステーラ(スペイン)へ


 5日目 5月25日(金)
   
【スビリ・・・パンプローナへ   21.7km (合計68km)
                 ※ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス ≠飛行機  ⇔その他
                    

 朝食  6:07
冷蔵庫の中の食べ物・飲み物、テーブルの上の食べ物など自由にどうぞ・・・のスタイル

アルベルゲ 出発  7:15
橋を渡って・・・

山道へ

ガクアジサイの仲間:アジサイ科
装飾花がまばら
ヤブデマリの仲間:レンプクソウ科
左の花と似ているが、
こちらの方が装飾花が密

天気が怪しくなってきた

ポツリ・ポツリ
ひどくなりそうなので、雨具の上だけ着用

鮮やかな黄色はマメ科の花

 川に沿って道が続く

ここをクリックすると大きく見えます
左 この花、昨日も咲いていたっけ  まだ咲き始め
右 しばらく行くと、満開状態の株があった

雨が止み、暑くなってきたので雨具を脱いだ
石垣の上でしばし休憩
・・・・と思ったら、また雨  また雨具を着る

川沿いの道は、雨が降ってぐちゃぐちゃ

濡れそぼる馬

バルがあった  10:25
大勢のペレグリーノ達が休んでいた
バルの前で友人が待っていてくれたので立ち寄る
ティー&ミルクを頼んで、やっと腰を下ろすことができた

 また、車道の端歩き

マンテマの仲間:ナデシコ科
これは大型のマンテマ

 
ハクサンイチゲに似ている:キンポウゲ科
ひょろひょろした花

 ホタルカズラに似ている:ムラサキ科
アヤメ科
花びらは4~6枚

黄色の小さな花がびっしり!↓


水場  左下から流れ落ちている
「ウォーター」と言っても通じない
ペットボトルの水も、「アクア=水」と言って買う

サクラソウ科かな?
左 白花   右 薄いピンク花

カエデの仲間:ムクロジ科
翼果が付いていた
カエデの仲間:ムクロジ科
こちらの翼果は赤色
葉っぱは、心持ち細身
この葉っぱとそっくり↓  つまり、これが花?  (昨日の画像を借りてきた)

ここをクリックすると大きく見えます

 雨が止んだ

青地に黄色の貝のマーク 

「パンプロ―ナまで8.1km」の文字

麦畑を横目に見て歩く
左  途中にあった休憩舎 いっぱいなので木陰の橋の上で休憩
右  ここから登りになる


ここをクリックすると大きく見えます
シソ科かな?
マメ科


ここをクリックすると大きく見えます
左 小さな白い花がこんもりとして大きな株になっていた
右 花の拡大

ラン科
おいしそうな実がなっていた

スイカズラ科
白と赤色で華やか

ノバラの仲間:バラ科
咲きたての初々しさ
マンテマの仲間:ナデシコ科
これは細身の花

アザミの仲間:キク科
ラン科
地味な黄色花


ここをクリックすると大きく見えます
キク科
すらりとして大きなつぼみをつけていた

 オオバコ科かな?
日本にはない花
 
薄青色  花の直径1cm程 広い車道より、こんな土の道がいい

ノバラの仲間:バラ科
色・大きさなどいろいろ


ここをクリックすると大きく見えます
ヒナゲシの仲間:ケシ科

麦畑の向こうに集落が見えた

ここをクリックすると大きく見えます

ここをクリックすると大きく見えます
バラ科
花が終わると、赤い実が生る
 
 マメ科
この花、甘~い香りがする
葉っぱはつんつんして、皆上向き
触ると痛いほど


ここをクリックすると大きく見えます

ここをクリックすると大きく見えます
背丈10~15cm程
風が吹くとそよそよしてピントが合わない
ナツトウダイの仲間:トウダイグサ科
びっしり花が咲いていた


ここをクリックすると大きく見えます
マツムシソウの仲間:マツムシソウ科
フウロソウ科かな?
実が花の割りに大きい!

川を渡って向こう岸へ

トリニダッド  13:33
ここで、スタンプが貰えると聞いて中へ入って押した

町の中を、青と黄色に導かれて歩く

ここをクリックすると大きく見えます
街路樹を見上げると、つぼみがいっぱい

教会の前を通って・・・
 ちょっとベンチで一休み

小学校の前を通って・・・  14:07
橋を渡って・・・  14:28

人波に乗って、城壁の門を潜る  14:37
今まで、町の入口で友人が待っていてくれたのだが、今日は姿が無い・・・
彼女の方が足早で、私は後からゆっくり歩いて行くパターンだったが
もしかすると、もしかしたかもしれないと、門を入った所でしばらく待っていたが姿なし
合流できなければ一人でアルベルゲに泊まろうと思い、インフォーメーションへ行き
「日本人の女性が来ていないか?」→ 「NO」
2ベッド確保できるアルベルゲに○をつけてもらった地図を持って外へ出た所、
近くのお店から私の姿を見つけ、やっと合流!
「早く着いたらビールを飲んで待っている」という取り決めがある
もう一人の埼玉の人女性も一緒だったので、3人で一部屋かりることに相談がまとまった

パンプロ―ナの中心街
右の立派な「自治体庁舎」の向かって左横に、インフォーメーションがあった

インフォーメーションで、1室3人の希望を伝え、
電話で予約を取ってもらった
1室20ユーロのペンションだって

要塞の跡と分かる星形の造り
ペンションを探すが、なかなか見つからない
双子ちゃん連れの人にも聞くが、インフォーメーションスタッフと話が食い違う??
やっと探した場所は、何とも言い難い妙な1室だった
(古い・部屋はたくさんあるが利用されていない・洗濯物を干す場所が無い・上階は埃だらけ・・・)
ま、ベッドはちゃんと3つあるにはあったが・・・
1室20ユーロではなく、一人15ユーロだった! 話が違う!

夕食はさっきまで彼女たちがいたレストランへ
メニュー(定食)を頼むと、
自動的にワインが付いてくる
2人いて、それぞれ赤と白両方希望すれば、
1本ずつが、でんとテーブルに置かれる

食べ始めてから、「あっ、そうそう」
と、思いだしてパチリ
これがその妙なペンションの玄関
ベルを押すと、ドアが開く

 次のページへ

 トップページへ戻る