スペイン巡礼路 800kmを歩く
          サン・ジャン・ピエ・ド・ポー(フランス)から、
                    
サンティアゴ・デ・コンポステーラ(スペイン)へ


 1・2日目 5/21・5/22
出国・サン・ジャン
 3日目 5/23
ロンセスバーリュス
 4日目 524
スピリ
 5日目 5/25
パンプローナ
 6日目 5/26
プエンテ
 7日目 5/27
エステーリャ
 8日目 5/28
ロス・アルコス
 9日目 5/29
ビアナ
 10日目 5/30
ナバレッテ
 11日目 5/31
アソフラ
 12日目 6/1
グラニヨン
 13日目 6/2
ビジャン
 14日目 6/3
アタプエルカ
 15日目 6/4
ブルゴス
 16日目 6/5
オルニージョス
 17日目 6/6
カストロ・ヘリス
 18日目 6/7
フロミスタ
 19日目 6/8
カリオン
 20日目 6/9
カルザディージャ
21日目 6/10
サアグーン
 
 22日目 6/11
エル・ブルゴ
 23日目 6/12
マンシージャ
24日目 6/13
レオン
 
25日目 6/14
サン。マルチン
 
 26日目 6/15
アストルガ
27日目 6/16
ラバナル
 
28日目 6/17
モリナセカ
 
29日目 6/18
カカベロス
 
30日目 6/19
バルカルセ
 
31日目 6/20
オ・セブレイロ
 
 32日目 6/21
トリアカステーラ
 33日目 6/22
サリア
 34日目 6/23
ポルトマリン
 35日目 6/24
パラス・デ・レイ
 36日目 6/25
メリデ
 37日目 6/26
サルセーダ
38日目 6/27
ラザロ
 
39日目 6/28
サンティアゴ
 
 40日目 6/29
サンティアゴ
41日目 6/30
マドリード
 
 42日目7/1・43日目 7/2 出国・帰国


 21日目 6月10日(日)
   
【カルザディージャ・デ・ラ・クエッサ・・・サアグーンへ
                               22.40km
(合計413.84km)
                 ※ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス ≠飛行機  ⇔その他
                    

外へ出ると、雨  雨具を着けて出発 6:50発

 昨日からの雨で、道はぐちゃぐちゃ。
右に避け、左に避けしながら歩いた  すいすいと車道を歩いている人も

 
 黄色い花は、甘い香りがするマメ科の花
車道と巡礼路は並行しているので、車道歩きもいいかもしれないが
膝を痛めそうだし、花に会えそうにないので、正規の道を歩いた

 「レディゴス」の文字  8:23
6.15km歩いたが、
今日の宿まで、まだ16km以上はある
道路にも黄色い矢印  ↑
サンティアゴまで373..870kmの数字も ↓
半分以上は歩いてきた!


町はずれにあるベンチで休憩 
またまた麦畑

 クサフジの仲間:マメ科
アップにするとなかなかきれい

瑠璃色のきれいな花 
   
 ノバラの仲間:バラ科
咲きたての初々しいこと!

何度も出会っているが、
咲いたばかりの雄しべが赤いことに気づいてパチリ


ここをクリックすると大きく見えます
 
 初めて出会った花  右 花のアップ

 
青地に黄色は、カミーノのための指標  9:13
手書きの矢印もある

一面にピンクの花:マメ科

麦畑に赤いヒナゲシはお馴染みさん

 
薄黄色の花  アブラナ科だとは思うが、実がちょっと変わっている(右)
日本でいう「グンバイ(軍配ナズナ)」の仲間だと思う

 
 「モラティノス」の文字  10:02
カルザディージゃから、約13km地点
まだ10km歩かないと、今日の宿に着かない

教会の前を通って…
 
 
ここをクリックすると大きく見えます
 
ここをクリックすると大きく見えます
 麦畑と赤いヒナゲシを横目に見て歩く

 
 
薄黄色の花
  
町が見えてきた

  
 「サン・ニコラス・デル・レアル・カミーノ」の文字
10:50
   
 また変わった花が現われた

 木の花  バラ科かな?

 
 町が見えてきた  サアグーンだろう
このまま車道を進むのかと思ったが違っていた

   
 右折してこの教会へ寄ってから  雨が降りだしたので足早に通り過ぎた
 
 ここが今日の宿がある教会付属のアルベルゲ
・・・・
3人バラバラで、各自のペースで歩いている
バルで休んでいる友人たちを追い越しても、すぐまた追い抜かれる
結局、毎日、先にアルベルゲに着いた友人が手続し、費用を払っている頃に私が到着するというパターン
パスポートとクレデンシャㇽを見せてハンコを押してもらって手続き完了
靴を脱いでサンダルに履き替え、
ストックをストック置き場に差し込んで指定されたベッドへ行ってやっとホッとできる
シャワーを先にするか、ビールを先にするかはその日の気分次第

 
 アルベルゲの中
中央廊下の左右に
こんなスペースがずらりと並んでいる
 ベッドルーム
8つのベッドが一つのスペースの中にある
下の段は高さがないので、何度となくゴツンしてしまう
上の段は広々としていて好きなのだが、
ベッドに手すりもなく梯子も共用だったので
今日は下の段にした
・・・・・・・・・・
友人が虫に刺されたので
「ムヒ」を枕の下に置いて覚悟していたが、
翌朝まで被害はなかった!
それに引き換え、友人は、
首から腕まで点々と広範囲に被害が続出
ヘビイチゴの焼酎漬けの虫刺され用の手作り酒を
「試してみて」・・・と渡したが、効果はなし
なかなか治らなかった
38日目、やっと収まりかけたかと思っていたのに
その夜、友人はまた虫に刺された!

 
 いつものようにバルへ出かける
外から見たアルベルゲ

こちらはその隣の新しい教会
   
道路の周りに、頑丈そうな鉄柵
何故?と思ったら「牛追い祭のため」らしい  道路を牛に追われた人が走るお祭り
牛が体当たりしても大丈夫のように、鉄柵で囲ってあるらしい
  
   
   
 今日は日曜日
楽隊のパレードの練習らしい人達が、バルに入ってきて一休みしながら演奏して、
また去って行った

 
 そのバルでビールとおつまみ  13:34
丸いのはオリーブではなくソーセージだった  そして、手羽先(しょうゆ味の方が好きだなあ)
奥のお皿は友人用のおつまみ 「モツ」   私は苦手

   
 夕食はバルで  さっきとは違うバル  17:02
定食(メニュー)にはまだ早い時刻だったので、単品と白ワインを頼んだ
・キュウリとオリーブの酢漬け  ・ムール貝  ・イワシの酢漬け
3人が各自に頼んだものを少しずつ分け合って味見をした
しっかり味が付いていておいしかった
ワインは一杯で足りず、3人ともお代わり~
空を見ると怪しい雲!冷たい風!お先に~と言って速足で帰った
・・・・・・
「カミーノ家族」なんて、冗談交じりに言っていたが、男性1名を含めた3人グループになり
サンティアゴまで一緒だった

 
バル之近くでは、ステージの設営  明日のお祭り用らしい
・・・・・・・・
右足指が痛いのは水ぶくれかと思っていたが、テーピングをそっと剥がして様子を見たら、
爪が黒くなっていたので、その痛みだったと分かった
以前、10日程北アルプスを縦走した時も、歩いている途中やっぱり爪が黒くなったことがある
下山してから、新しい爪と入れ替わったので、それほど悲壮感はない
痛みも少なくなってきたし・・・

 次のページへ

 トップページへ戻る