スペイン巡礼路 800kmを歩く
          サン・ジャン・ピエ・ド・ポー(フランス)から、
                    
サンティアゴ・デ・コンポステーラ(スペイン)へ


 1・2日目 5/21・5/22
出国・サン・ジャン
 3日目 5/23
ロンセスバーリュス
 4日目 524
スピリ
 5日目 5/25
パンプローナ
 6日目 5/26
プエンテ
 7日目 5/27
エステーリャ
 8日目 5/28
ロス・アルコス
 9日目 5/29
ビアナ
 10日目 5/30
ナバレッテ
 11日目 5/31
アソフラ
 12日目 6/1
グラニヨン
 13日目 6/2
ビジャン
 14日目 6/3
アタプエルカ
 15日目 6/4
ブルゴス
 16日目 6/5
オルニージョス
 17日目 6/6
カストロ・ヘリス
 18日目 6/7
フロミスタ
 19日目 6/8
カリオン
 20日目 6/9
カルザディージャ
21日目 6/10
サアグーン
 
 22日目 6/11
エル・ブルゴ
 23日目 6/12
マンシージャ
24日目 6/13
レオン
 
25日目 6/14
サン。マルチン
 
 26日目 6/15
アストルガ
27日目 6/16
ラバナル
 
28日目 6/17
モリナセカ
 
29日目 6/18
カカベロス
 
30日目 6/19
バルカルセ
 
31日目 6/20
オ・セブレイロ
 
 32日目 6/21
トリアカステーラ
 33日目 6/22
サリア
 34日目 6/23
ポルトマリン
 35日目 6/24
パラス・デ・レイ
 36日目 6/25
メリデ
 37日目 6/26
サルセーダ
38日目 6/27
ラザロ
 
39日目 6/28
サンティアゴ
 
 40日目 6/29
サンティアゴ
41日目 6/30
マドリード
 
 42日目7/1・43日目 7/2 出国・帰国


 32日目 6月21日(木)
   
【オ・セブレイロ・・・トリアカステーラへ
                           21.69km
(合計642.32km)
                 ※ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス ≠飛行機  ⇔その他
                    

今日は20km以上歩く
朝は7時過ぎるとじりじり照らされるので、暑さ真っ盛りの中を歩きたくない
いつもより1時間早い出発にした  5:40
外はまだ暗いが、ヘッドランプをつけるほどではない
指標の所では近づいて、ミニライトで照らして、黄色い矢印を見失わないようにした
前にも、後ろにも人がいない暗い山道を歩くのは、これが初めて
しかし、日頃独り歩きになれているので不安感はない
だんだん空が明るくなってくるのを楽しみながら歩いた  朝焼けの始まり~ 6:07

 
山を登って降りて、集落「リニヤレス」に出た  6:46
標高 1222mにある  セブレイロ峠が1296mだから、約70mをたらたらたらと降りてきた

 
 後ろを振り返ると、空が赤くなっていた

「リニヤレス」の文字に斜線・・・→「ここまでがリニヤレス」の意味  6:53
車道から外れて脇道へ

 雲海が見えた

 綺麗な茜色の雲  日の出はもうすぐ

カノコソウの仲間:オミナエシ科

シロバナノヘビイチゴに似ている:バラ科
 
ペレグリーノの像  いかにも苦し気  7:10

 正面の山は夜明け  7:22

 
まだ雲海が見える

「オスピタル」の文字   矢印はオスピタルの集落へと導いている

 
ここをクリックすると大きく見えます
 
ピンクの花の群生  上へ上へと伸びていく花

 
 青空が見えてきた~ 暑くなりそう~と思ったら・・・  7:50

 
 霧が出てきた  8:00
昨日、「暑いのも嫌!雷も嫌!」と口走っていたのだが、本当に実現してしまった・・・
霧の中を歩くのは、初めて!

 標識も霧の中に沈みそう  8:01

足元の花はしっかり見える
コウゾリナの仲間・キク科
 
 
霧の中は涼しくて、快適~

 
ヤマオダマキの仲間:キンポウゲ科

 
上左  日本の園芸店でよく見かける花  こちらでは自生種なんだね
上右・下  上を向いて咲いていると、同じ花には見えない

 
小さな教会の横を通って…  水場へ
所々にこんな水場がある
水は飲まないが、
ガーゼマフラー・バンダナ・帽子などを水に濡らして、
体温を下げるようにしていた

 
 8:38 まだ雲海が残っていた


ここをクリックすると大きく見えます
 
左  小さな白い花をびっしりつけている木  前にも出会っている
右  近くへ寄って中を覗いたら・・・ こんなかわいい顔だった!

   
 あと、「150.173km」だって

カノコソウの仲間:オミナエシ科 
 
 畑の間の巡礼路  両側には、色とりどりの花

   
 牛と牛追い  おとなしく一列で歩いてきた

 初顔の花
 
 起伏のある光景

 
 まだ霧が残っている

   
ホタルカズラに似ている:ムラサキ科

    
 「フィロバル」の文字  11:22
セブレイロ峠から17.76km
まだこの先、約4km歩かなければならない

 木陰の道に入った
涼しくて気持ちいい~
ここからまだ300mどんどん下る
 
稜線からどんどん下って、かなり左に巻いてから「トリアカステーラへ向かっていった

   
 「トリアカステーラ」の文字  12:23 このバルで友人が待っていてくれた  12:30頃
ここが今日の宿、トリアカステーラの町
アルベルゲはこのバルの反対側
受付時刻は13:00からなので、
早く着いた友人は
ザックを玄関先に置いて順番をとってから
ビールを飲みながら待っていてくれたというわけ
私もまずザックを置いてから、
このバルに戻って、まずは小ジョッキでゴクリ


ここをクリックすると大きく見えます
 
 草地の奥にあるのが、今日の宿アルベルゲ

ビールもそこそこに、アルベルゲへ戻って
昨日と同じように「3ベッド」といって手続き
遅く着いた私も「フレンド」だからといって
3人一緒に手続きをした

 ここがベッドルーム
地上から見ると2階
二段ベッドが二つある小部屋だった
シャワーとトイレは1階
今日のシャワー環境は?
昨日より「まし」だが、カーテン無し!
意を決して人が来ないうちにささっとシャワーを浴びた

 
 あの山の稜線から降りてきた

  
さっきの一番近いバルで昼食兼夕食をとった  15:10
写真付きのメニューがあったので、写真を見ながら注文
・ロシアンサラダ ➙いろいろ野菜が入ったポテトサラダ風の丸い山が4つ
上にオリーブ
     ・野菜サラダ                    
・イカのリング揚げ →熱々で美味しかった!
写真ではお皿の大きさが分からなくて、かなりの大盛り!
1人でこの3品を完食することは難しかった
大ジョッキのビールもあるし…
・・・・・・・・・・
昨夜から、着替えを早くするために、パジャマではなく、すぐ歩けるように翌日の服を着たまま寝て
ささっとパッキングをしてしまおうと考えた(以後、この方法に替えた)
・・・・・・・・・・・
右膝が痛いので、スピードが出なくなった
二人よりかなり遅く、トリアカステーラに着いた
 ・・・・・・・・・・・・
洗濯物を干す際、小型の丸い物干しのフックの位置を直そうとしたら
右人差し指をざっくり切ってしまった
あわてて圧迫して血を止めたが、どんどん出てくるので、テーピングテープでぐるっと巻いた
これで良しと安心していたら、しばらくするとじわじわと浸み出してきて、あちこちを汚してしまった
あわててぐるぐる巻きにしたら止まったことはいいのだが、
今までスマホを立ち上げる際に使っていた指紋認証が使えなくなってしまい
いちいちパスワードを入れる羽目になった
(他の指も登録してあったのだが、使い勝手が悪い・・・)

 次のページへ

 トップページへ戻る