スペイン巡礼路 800kmを歩く
          サン・ジャン・ピエ・ド・ポー(フランス)から、
                    
サンティアゴ・デ・コンポステーラ(スペイン)へ


 11日目 5月31日(木)
   
【ナバレッテ・・・アソフラへ   21.83km (合計198.37km)
                 ※ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス ≠飛行機  ⇔その他
                    

7:10  アルベルゲ出発

人っ子ひとりいない町の中を歩いて・・・
 郊外へ  8:02

ここにも黄色い矢印 ↓ 8:29


ペレグリーノのモニュメント 8:47
ここで一休み  9:00  ティー&シュガー&ミルク

ラン科
変わったランだった
黄色地に模様があるのだが、若い時は薄く、だんだん濃くなっていくようである

 
アキギリに似ている:シソ科

キク科
花びらより、萼が長くすらりとしている花


ここをクリックすると大きく見えます
アザミの仲間:キク科

ハンニチバナ:ハンニチバナ科
ハクサンイチゲのような花:キンポウゲ科

 遠くに町が見えてきた

 
 ブドウ畑の間を歩く

 
木陰にベンチがあった  しばし休憩  10:45

 その近くに、看板 「ナヘラ」の入口だって
ビロードモウズイカに似ている:ゴマノハグサ科

「ナヘラ 1km」の文字
ナヘラの中心部まで・・・ということかな

新しい町は、石造りではなくモダン


ここをクリックすると大きく見えます
黄色い矢印を見落とさないこと

橋を渡っていると、気持ちのいい草地が見えた
あそこで休憩しようっと


ここをクリックすると大きく見えます

ここをクリックすると大きく見えます
川の水は澄んでいるけれど、茶色っぽい
そういえば、山の土も赤茶色

う~ん、気持ちがいい~  11:35

さて、黄色い矢印はどこ?と探すが
町中の指標は見つけにくいので、要注意
でも、年配の単独女性には皆優しく、
「ついてきて」とか、「こっち」とか
親切に教えてもらっている


ここをクリックすると大きく見えます
 
教会の角を曲がって、郊外の道へ  11:50

薄い青色の花 花の直径1cm程  背も低い
 1時間過ぎると、肩と腰を休ませたいが
ベンチなど腰を下ろす場所がうんと少ないので困る
トイレも、見晴らしのいい所ばかりなので自然トイレはムリ
到着まで我慢するか、バルがあれば何かを頼んでから利用させてもらうかのどちらか
丁度石積みの場所があったので休憩 12:45

↑ サンチャゴまでまだ580kmもある
サン・ジャンからサンティアゴまで約780kmといわれている  まだ、200km歩いただけ・・・

おや、かわいい花!  花の直径1cm程  背も低い

 
 町が近づいてきた  13:15

壁に「アソフラ」の文字  13:24
今日は私の方が先に着いた
バルの外のベンチで
ビールを飲んで待っていたが、後続の二人が来ない

アルベルゲの広告
泊まれそうか下見に行くことにした

ここがアルベルゲ 14:40
「3人泊まりたい」と言うと、OKの返事
それを聞いて二人を迎えに行くと、ばったり
どこかで道を間違えたって

「アルベルゲ ムニンシパル」の文字

新しく小奇麗なアルベルゲ

廊下の片側にベッドルーム
明るくて開放的

1室に二人  二段ベッド無し
これで、10ユーロならいいよ~

15:55
シャワー・洗濯・洗濯物干しのあと、バルでビール
その後、自炊用の買い出しに出かける

 
今日のメニューは、パエリア・サラダ  17:30
いつものように自炊リーダーの指示で出来上がり~
最初、パックワインを購入したが、「おいしくない」と言って、
少しお値段の高い瓶入りワインを買いに走るという一幕もあった
分かる人には分かるらしい  私には無理

 次のページへ

 トップページへ戻る