スペイン巡礼路 800kmを歩く
          サン・ジャン・ピエ・ド・ポー(フランス)から、
                    
サンティアゴ・デ・コンポステーラ(スペイン)へ


 8日目 5月28日(月)
   
【エステーリャ・・・ロス・アルコスへ   21.89km (合計135.39km)
                 ※ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス ≠飛行機  ⇔その他
                    

アルベルゲ 出発 7:02  
入口上に貝のマーク ↓


石造り建築物の修理には、クレーンが必須
 7:50 教会の前を通って・・・

 山道へ
ラン科
黄色いランとは珍しい・・・

↑ このバルで朝食  9:25
ティー&シュガー&ミルク
&スペイン風オムレツ(分厚い具だくさん卵焼き)

9:46
「ロス・アルコス 13.4km」の文字
あと、3時間半くらいか?

クサフジの仲間:マメ科

10:17 また教会の前を通って・・・
 郊外に出た

フウロソウ科?

面白い模様がくっきり

 ブドウ畑の横を通る

左  この白っぽい葉っぱの木  花盛りだった
右  黄色の花がびっしり  近くを通るだけで、甘~い香りが漂っていた

マメアサガオの仲間:ヒルガオ科
地面に張り付いたようにして横へ広がっていく
ピンク花もあるが、白花の方が多かった
朝早かったり、曇りの日は、閉じたまま

「アルコス 8km」の文字  11:14
元気な時は、4kmを1時間で歩いていたので
2時間後に到着予定
 広くてまっすぐな道
平らに見えても、たくさんの人が歩いた部分は平らで歩きやすく、
そうでない所は、石が頭を出していて歩き難いので、あっちへ行ったりこっちへ来たり・・・

背丈50~60cmにも大きくなる花  あちこちで見かけた
若いうちは、赤い雄しべが目立つ

 
麦畑とブドウ畑が続く

 
 整然と並んでいるブドウの木


ここをクリックすると大きく見えます

ここをクリックすると大きく見えます
キク科
坊主頭のように見える頭花

ハンニチバナ科
中央が濃いめのオレンジ色  花の直径1.5cm程
ここで初めて出会った花  段々になって咲き上がっていく

12:10  「ロス・アルコス 5.7km」の文字  あと1時間ちょっとで着く(はず)

 
麦畑が多くなった


ここをクリックすると大きく見えます
 
キバナノカワラマツバそっくり:アカネ科
黄色い小さな花のかたまり

後ろから聞きなれた友人の声が聞こえてきた
同行者は、
サン・ジャンの巡礼事務所で隣にいた日本の若者


ここをクリックすると大きく見えます
これでも花  薄茶色の小さな花の集まり

タチアオイの仲間:アオイ科

アザミの仲間:キク科

ラン科

街路樹の中に、ぶら下がった実がなっている木があった  ↓


「ロス・アルコス」の文字  ここが町の入口
13:30

「i」とあったので、インフォーメーションかと思ったら
休憩所だけだった

アルベルゲを探しながら行くと、ここ↑にたどり着いた

アルベルゲの頭文字↑

13:47   宿賃9ユーロ
ついでに朝食も付けてもらった

ベッドルーム
二段ベッドは、頭上が広々
下の段のベッドは、座っても頭がゴツンするくらい低い

夕食は、スーパーで材料を買い求め
自炊好きの女性の指令で自炊となった
勿論、ワインとビールも
ここの女主人より、「フリーの食べ物があるよ」と聞き、
有り難く頂戴した
ソラマメの炒め物・スパゲッティ・・・美味しかった!

 次のページへ

 トップページへ戻る