スペイン巡礼路 800kmを歩く
          サン・ジャン・ピエ・ド・ポー(フランス)から、
                    
サンティアゴ・デ・コンポステーラ(スペイン)へ


 15日目 6月4日(月)
   
【アタプエルカ・・・ブルゴスへ   20.12km (合計287.46km)
                 ※ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス ≠飛行機  ⇔その他
                    


 
アルベルゲ 6225発
見慣れた風景・見慣れた花ばかりでつまらない~と思って歩いていると、
変わった花が咲いていた!  初めてで、ここだけでこれっきりだった

 
このバルで朝食
これ以後、道は二手に分かれると聞いていたが
標識は絶対あるはずと確信して歩いて行ったが
見つけられず
どうも、山道ではなく、
舗装道路歩きを選んでしまったらしい

前後にまばらにいたペレグリーノも、
だんだん姿が見えなくなって、
たった一人で道路脇を歩くはめになってしまった

どこかで、山道に入らないかと
期待していたが、期待は外れ、
黄色い矢印は、小さな町・大きな町の中を
通るように導いていた

線路を跨ぎこし・・・

「ブルゴス」の文字
ここからブルゴス?

「ブルゴス 10km」とある  はて??

大通りの歩道歩き
歩道橋を渡って・・・
ブリジストン会社の前を通って・・・
日本企業だよね  広い土地だった
教会の近くも通って・・・
おや、また教会
モニュメントがある・・・
歩道を歩く人がいれば、信号が無くても
95%の車は止まってくれる
巡礼路の印と矢印を確認して・・・

カラフルな建物もあるんだ・・・
ゴミ箱にも矢印
矢印を確認して・・・
また、教会があった・・・
石造りの建築の修理らしい

ここをクリックすると大きく見えます
ここが今日の宿のアルベルゲ  12時前に到着
まだ受付が始まっていないので、並んでいる人が
入口からあふれていた
どうやら私の方が先に着いたらしいので、
3ベッドを頼もうとしたら、「ダメ」だって
1人だけ手続して部屋へ行こうとすると、
二人が到着
時間差で、部屋も階も別々となった

アルベルゲの前にはバルがある
その奥にそびえているのは世界遺産のカテドラル

でも、足の指にマメができて、
靴下を履いて登山靴の紐をきちんと結べば
それほどの痛みないが
素足にサンダルでは痛くて歩きたくない
世界遺産より足の痛みの軽減を選んだ

スペースに仕切られた中に2段ベッドが2つ  この階は緑色だが、階によって色が違っていた
男女関係なく、ベッドを割り当てられる
トイレが男女別になっているとは限らない  共用も特別ではない
シャワー室もカーテン1枚で男女共用だったと聞いて、びっくりしたことがあった

昼食兼夕食でバルに入った  13:12
左の大ジョッキは、超特大ジョッキ  右は小ぶりのコップ
ここのおつまみ(ピーマン・マッシュルーム・ソーセージ)は美味しかった


 
 洗濯物干し場  このタイプはあまり乾きが良くない
そして、やっぱり今日も雨が降ってきた
乾いていない洗濯物は、ベッドの鉄枠にロープを張り、そこにかけるか
折り畳みの丸い物干しにかけて乾かすようにしていた
・・・・・
今まで行動を共にしてきた埼玉の女性とは、明日でお別れ
バスで距離を稼いで、サンチャゴまで行くとか
残った二人は、それぞれ歩くスピードが違うので一緒には歩かず
出発時に、「じゃあね」と分かれて歩き、早く着いた方が一番近いアルベルゲから順に
「2ベッド空いていますか?」と聞いて行くことになった
私の方が遅いので、たいていは友人が手続きをして待っていてくれた  有難う~

 次のページへ

 トップページへ戻る