スペイン巡礼路 800kmを歩く
       サン・ジャン・ピエ・ド・ポー(フランス)から、
                
サンティアゴ・デ・コンポステーラ(スペイン)へ


 1・2日目 5/21・5/22
出国・サン・ジャン
 3日目 5/23
ロンセスバーリュス
 4日目 524
スピリ
 5日目 5/25
パンプローナ
 6日目 5/26
プエンテ
 7日目 5/27
エステーリャ
 8日目 5/28
ロス・アルコス
 9日目 5/29
ビアナ
 10日目 5/30
ナバレッテ
 11日目 5/31
アソフラ
 12日目 6/1
グラニヨン
 13日目 6/2
ビジャン
 14日目 6/3
アタプエルカ
 15日目 6/4
ブルゴス
 16日目 6/5
オルニージョス
 17日目 6/6
カストロ・ヘリス
 18日目 6/7
フロミスタ
 19日目 6/8
カリオン
 20日目 6/9
カルザディージャ
21日目 6/10
サアグーン
 
 22日目 6/11
エル・ブルゴ
 23日目 6/12
マンシージャ
24日目 6/13
レオン
 
25日目 6/14
サン。マルチン
 
 26日目 6/15
アストルガ
27日目 6/16
ラバナル
 
28日目 6/17
モリナセカ
 
29日目 6/18
カカベロス
 
30日目 6/19
バルカルセ
 
31日目 6/20
オ・セブレイロ
 
 32日目 6/21
トリアカステーラ
 33日目 6/22
サリア
 34日目 6/23
ポルトマリン
 35日目 6/24
パラス・デ・レイ
 36日目 6/25
メリデ
 37日目 6/26
サルセーダ
38日目 6/27
ラザロ
 
39日目 6/28
サンティアゴ
 
 40日目 6/29
サンティアゴ
41日目 6/30
マドリード
 
 42日目7/1・43日目 7/2 出国・帰国


 41日目 6月30日(土)
   
【サンティアゴ⇒マド―リードへ
              ※ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス ≠飛行機  ⇔その他
                    

朝食に、1階の食堂へ降りる 7:25
雷が鳴っていたが、
出発の頃になっても雨が止んでいなければ
タクシーを頼むつもりだった

幸い、出発時には雨が止んでいた
膝が痛くて早く歩けないので、私ひとり早めに出発
8:00
 8:35、バスターミナルに到着
9:45発までたっぷり時間がある

 続々と人が集まりだした
改札が早くなるなら席の確保を・・・と思って
一番乗りを狙う

 
 同じマドリード行きでもバスは2台
チケットを見せると、隣のバスだって
座席下の荷物置き場にザックを入れてから乗車  座席はほぼ半分
ほとんどがペレグリーノたち

3時間たったころ山岳地帯になった
かなり強く雨が降り出し、こんな日でも歩いて前へ進むしかなかったんだと思い出した

バスの中でWi-Fiが使えるという表示があったが、受信はできても送信はできなかった
携帯用の「HUAWEI」を使ったら送信できた

   
 途中休憩  トイレ兼昼食を兼ねる
早くマドリードに行きたいのに、
1時間半も休憩がある 13:00~14:30
このお店のパスワードを聞いて送信できた
サンドイッチ・チーズケーキ・トマトジュースが
今日の昼食

 休憩が終わってバスに乗り込む
出発してしばらくは強い雨が降っていて、
窓ガラスを斜めに走るような雨の滝だったが、
また青空が覗き、
どこまでも広がる地平線と
時々ブドウ畑の景色に変わっていった

   
 あの見慣れた蛍光色のマメ科の花

最高速度は「120キロ」の標識
町に近づくとスピードを落とすようになっていた
「マドリードまであと何キロ」の表示板があるので
近づいていることが分かり嬉しかった

 マドリードに近づくと、ビル群が見えてきた  19:20
マドリードのバスセンターに着き、すぐタクシー乗り場へ
スマホに送ってもらったホテルの名前と住所をドライバーに見せると
すぐ走り出して、ホテルへ
ホテルのフロントで、メールに添付されたバウチャーを見せて、手続き完了
部屋に荷物を置いてすぐその足で、レストランへ直行

 ホテルから歩いて10分くらいの所にあったレストラン  20:06
おいしそうなおつまみで、ビール2杯目をお替り!
スペイン最後の夕食

 お店の前の風景

左  マイルーム・マイベッド
右  このホテルは、バスタブなし  シャワーだけ
ガラス戸が半分しかないので、外へ水が飛び出る設計  変なの?!
・・・・・・・・・
友人の虫刺されには、2種類あって、
初めの虫は「赤く腫れあがるタイプ」
昔、ツベルクリン反応で陽性になった時のような症状

2回目の虫は、「中に黄色い浸出液を持ち、こんもり腫れ上がるタイプ」で、
針と糸で中の浸出液を取り出したタイプ
とにかく尋常じゃない腫れ方で、それが1~2ヶ所ではなく、身体中!
痒くて痛くて・・・早く日本へ帰りたくなる気持ちになること、よ~く分かる
大きく黄色に膨れ上がった足や腕を見ているだけで、泣けてくる
帰国後、保険の対象になっらないかな・・・と思って、バチバチ写真を撮った
が、結局、現地で医者にかかかっていないから・・・ダメだったって
*日本へ帰ってから皮膚科で受診したところ、ドクターも見たことがないという症状だったとか
点滴を2本打ってもらったと聞いた
これは、保険の対象になるけれど、手続きが面倒だから申告しない・・・と

ホテルの窓から下を見下ろした
・・・・・・・・・・
明日のチェックアウトは、12:00
竹澤さんから聞いていた「レイトチェック(チェックアウトを遅らす)」はできないって言われたので
12:00からは、ザックを預かってもらって、身軽に行動することにした

 次のページへ

 トップページへ戻る