スペイン巡礼路 800kmを歩く
          サン・ジャン・ピエ・ド・ポー(フランス)から、
                    
サンティアゴ・デ・コンポステーラ(スペイン)へ


 1・2日目 5/21・5/22
出国・サン・ジャン
 3日目 5/23
ロンセスバーリュス
 4日目 524
スピリ
 5日目 5/25
パンプローナ
 6日目 5/26
プエンテ
 7日目 5/27
エステーリャ
 8日目 5/28
ロス・アルコス
 9日目 5/29
ビアナ
 10日目 5/30
ナバレッテ
 11日目 5/31
アソフラ
 12日目 6/1
グラニヨン
 13日目 6/2
ビジャン
 14日目 6/3
アタプエルカ
 15日目 6/4
ブルゴス
 16日目 6/5
オルニージョス
 17日目 6/6
カストロ・ヘリス
 18日目 6/7
フロミスタ
 19日目 6/8
カリオン
 20日目 6/9
カルザディージャ
21日目 6/10
サアグーン
 
 22日目 6/11
エル・ブルゴ
 23日目 6/12
マンシージャ
24日目 6/13
レオン
 
25日目 6/14
サン。マルチン
 
 26日目 6/15
アストルガ
27日目 6/16
ラバナル
 
28日目 6/17
モリナセカ
 
29日目 6/18
カカベロス
 
30日目 6/19
バルカルセ
 
31日目 6/20
オ・セブレイロ
 
 32日目 6/21
トリアカステーラ
 33日目 6/22
サリア
 34日目 6/23
ポルトマリン
 35日目 6/24
パラス・デ・レイ
 36日目 6/25
メリデ
 37日目 6/26
サルセーダ
38日目 6/27
ラザロ
 
39日目 6/28
サンティアゴ
 
 40日目 6/29
サンティアゴ
41日目 6/30
マドリード
 
 42日目7/1・43日目 7/2 出国・帰国


 33日目 6月22日(金)
   
【トリアカステーラ・・・サリアへ     18.37.km(合計660.69km)
                 ※ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス ≠飛行機  ⇔その他
                    

今日は二手分かれているうちの右側
距離の短い方のコースにするつもり
暗くては分岐が分からないと思い
少し明るくなるのを待って、6:08発

左側の車道に沿って歩くコースは、24.5km
右の短い方は、18.37km
始めのうちは、
静かな山道で良かった・・・と思っていたのだが

小さな集落を通り・・・

気持ちのいい山道だが、急な下り・・・
膝をかばってゆっくり歩く

   
 時々水場に出会い、  7:24
ガーゼマフラーを濡らして気分をシャッキリさせる

霧が出てきたので、じりじり感は減った 
 
山道は、たらたらではなく、何度もアップダウンが出てきた

ドーネーションの店
ずっと、バルがなかったので、飲んだり食べたりして休憩ができる場所は有り難かった!

 
 また、山道に入った
サンティアゴまで、あと「122.470km」 ↓


 
こんな土の道は、膝にやさしい
簡易舗装・石畳の道は「嫌だなあ~」と身構えて歩く

古い家並みの中を通って…
 広い車道沿いの道に出た
「サン・マネデ」の文字  あと、3kmちょっとで今日の目的地サリアに着く

 
ママコナの仲間:ハマウツボ科
懐かしい花  スペインでも、オートルートでも
何度も出会った

 ノバラの仲間:バラ科
 
またコウノトリ!

「サリア」の文字  ここが町の入口

 町の中に入ると、黄色い矢印を見つけるのが大変
 
見落とさないよう四方に目を配って歩く
教会への道は工事中で、迂回させられた

 あの教会だろうか
『教会を過ぎてから右側にあるアルベルゲ』
・・・というのが、今日の宿の打ち合わせ

 
教会は、この階段を登ってまだまだ
・・・と思っていたら、左上から友人の声
見上げると、「今日の宿はここするよ~」と
12:20着

早く着いた彼女は、教会の先まで登って
探したそうだが、よく分からなくてここに決めたって
今日の宿は、10ユーロ
ここからサンティアゴまでは都会になるので、
これくらいが相場らしい

 階段を登って2階へ
手すりにつかまって、一段一段登る
下りは、いったん両足を揃えないと、
痛くて降りられない
 
2階には、キッチンと

 ベッドルーム  1室に2段ベッドが2つ
日本人グループ3人の他に、ロシア人の男性1人

 
まずは、ビール! バルを探したが近くにはない
膝が痛いのでたくさん歩きたくない
もうここでいいよ~と決めたのがこのレストラン  13:27
大ジョッキのビールと、パエリヤがおつまみ
パスワードを教えてもらって、メール送信

 
友人は会計係を一手に引き受けてくれている
どのアルベルゲもバルも現金払いなので、両替したユーロはどんどん減る
二人分なので減りも激しい
そろそろ手持ちが寂しくなったから、ATMを探しに行く・・・と
私は膝が痛くて一緒に歩けないので、「ここで待っているわ」と言い
木陰のある川沿いのベンチに座っていた
面白いペインティング!
結局、ATMの場所は分からなかった・・・と

 
 手洗い用洗濯場
備え付けのタライは大きすぎて入らず
折り畳みバケツの出番だった

 洗濯物干し場
 シャワー室とトイレと洗面が1つの部屋
椅子も、スノコもフックもあって、鍵もかかるので安心して使えるのだが
トイレだけ・・・とか、洗面だけ・・・とかを利用したい人には不便なつくり

  
ベッドルームから見下ろした教会へと続く道
・・・・・・・・・・・・・・
地図に書いてあった標高は、車道沿いの道
起伏のないたらたらだったので安心していたのだが
短いコースは、登りあり急な長い下りありで、痛い膝をかばいながら歩いたこともあって
かえって時間がかかり疲れた・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・
近くにレストランもなさそうなので、
品揃えがたくさんあるというスーパーへ二人で買い出し
(私は膝が痛くて歩けないので、テーブルのセッティング)
ついでに、埼玉の男性と一緒に、ATMへ出掛け、無事ユーロが手に入った・・・と
夕食は、パスタとサラダ  もちろん赤ワインも
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
暑くて寝苦しい!と思いながら横になっていると、突然花火の音!  何発も!
お祭りの前夜祭らしい
楽隊の練習する音も聞こえてくる・・・
花火の後は、大音量の音楽がかかり、やっと翌日の02:00過ぎに終わった
と、思ったら、今度は、03:00からライブ
大音響はさっきと同じくらい
窓ガラスが共鳴してビリビリ震えていたほど
終わったのが、05:00ちょっと前
嫌いな音楽ではなかったので、よかったのだが…

 次のページへ

 トップページへ戻る