スペイン巡礼路 800kmを歩く
       サン・ジャン・ピエ・ド・ポー(フランス)から、
                
サンティアゴ・デ・コンポステーラ(スペイン)へ


 1・2日目 5/21・5/22
出国・サン・ジャン
 3日目 5/23
ロンセスバーリュス
 4日目 524
スピリ
 5日目 5/25
パンプローナ
 6日目 5/26
プエンテ
 7日目 5/27
エステーリャ
 8日目 5/28
ロス・アルコス
 9日目 5/29
ビアナ
 10日目 5/30
ナバレッテ
 11日目 5/31
アソフラ
 12日目 6/1
グラニヨン
 13日目 6/2
ビジャン
 14日目 6/3
アタプエルカ
 15日目 6/4
ブルゴス
 16日目 6/5
オルニージョス
 17日目 6/6
カストロ・ヘリス
 18日目 6/7
フロミスタ
 19日目 6/8
カリオン
 20日目 6/9
カルザディージャ
21日目 6/10
サアグーン
 
 22日目 6/11
エル・ブルゴ
 23日目 6/12
マンシージャ
24日目 6/13
レオン
 
25日目 6/14
サン。マルチン
 
 26日目 6/15
アストルガ
27日目 6/16
ラバナル
 
28日目 6/17
モリナセカ
 
29日目 6/18
カカベロス
 
30日目 6/19
バルカルセ
 
31日目 6/20
オ・セブレイロ
 
 32日目 6/21
トリアカステーラ
 33日目 6/22
サリア
 34日目 6/23
ポルトマリン
 35日目 6/24
パラス・デ・レイ
 36日目 6/25
メリデ
 37日目 6/26
サルセーダ
38日目 6/27
ラザロ
 
39日目 6/28
サンティアゴ
 
 40日目 6/29
サンティアゴ
41日目 6/30
マドリード
 
 42日目7/1・43日目 7/2 出国・帰国


 37日目 6月26日(火)
   
【メリデ=カーレ・・・サルセーダへ     25.3km(合計749.02km)
         サン・ジャンからサンティアゴまでは約780km  あと、30.98km
                 ※ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス ≠飛行機  ⇔その他
                    

 
 ザックの託送用送り状  サルセーダの「ボニ」まで
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アルベルゲで朝食をとった
長さが15cmもある大きなクロワッサンとミルクティー
クロワッサンは、ナイフとフォークで食べるようだが、
クシャっとつぶれてパン屑がポロポロ出てしまう・・・  最後は手でちぎって食べた

 予約したタクシーを待っていると、
同宿の若い女性がひざを痛めたらしく
途中の町のアルスーアまで、同乗を頼まれた
彼女は、女性ドライバーと話し合って、
アルスーアまでの料金を折半することで
交渉成立  7:55発

アルスーアまで約10分  10ユーロ払っていた
私はもう少し先のカーレで下してもらうことにした

ここがカーレの集落  8:20発

黄色い矢印↑と、ペレグリーノたちを見て、一安心
あとは矢印に導かれるまま歩く

今日のスタート  あと、31.014km地点


ワインの瓶がずらり
アートぽくって面白~い

よくも溜め込んだもの!

   
ツユクサの仲間:ツユクサ科
初めて見た顔  花の直径1cm程

   
あごの長い花  前にも出会っている

高校生の集団巡礼者たちに追い越された

 リュウノウギクのような花:キク科
キク科 フジの仲間:マメ科

 
ジギタリスの仲間:オオバコ科だって

 トウバナの仲間:シソ科
緑のトンネル
やっぱり歩くっていいねえ~

 サルセーダの標識  9:30
もう着いた!?
 
今日の宿のアルベルゲ「ボニ」  9:24
まだ、門は閉まったまま
アルベルゲのすぐそばに、指標

↑ 27.478kmの文字
今日歩いたのは、3.536km
履き古した靴が置いてあった(よく見かけた)

   
 たぶん11:30頃に開くだろうと思って、近くのバルで時間待ち
ミルクティ-とパイで粘りに粘った
WIFIのパスワードを教えてもらって、メール下書きや送信で時間を使っていた

 
 バルの窓越しに、続々と列を作って歩くペレグリーノたち
途切れることなく、前へ前へと進んでいく  自転車隊もいる
つい数日前まで、私もあの仲間だった

 
 11:30になったので、アルベルゲへ行くと
門は開いていたので、中へ
でも、玄関のカギはかかっていたので
前庭のテント下の椅子に座って待っていたら
ちょうどそこへオーナーが来合わせたので
「昨日予約したんですが・・・」と言うと
「2時まで待って」だって!

さっきのミルクティーとパイでお腹は空いていない
小寒くてビールの気分でもない
待つしかないと腹を括った

WIFIは通じないので、
下書きをバンバン書いて待っていた

玄関先のザックは託送されたもの
私のザックはまだ届いていない
 
 
 待っている間に、周りを観察  ノバラの仲間と、鳩より小さめの鳥

 
  待っていると、まだ2時前だったがオーナーが来て「入ってきていいよ」と  12:20頃
パスポートやクレデンシャルの手続きはできないけれど
左  部屋に案内してもらい(3人部屋)
右  トイレ・シャワー・物干し場などの説明をしてもらった
シャワーはここの目玉らしい  いくつもの場所から温水が出てくる

   
 二人が到着  昼食兼夕食に出かける
時間待ちしていたバルへまた行って、写真付きのメニューを見ながら注文
このお店の一皿は、量が多いので3人で分けたほうがいい・・・とのお勧め
卵とマッシュルームの炒め物・サラダ・シシトウの素揚げ
・卵とソーセージとフライドポテトの盛り合わせも追加
味もしっかりついていて満足!   右
もちろん生ビールも

女性二人が、グランデ(大ジョッキ)を注文して、男性がスモールと言ったら
極小のミニサイズが供された  左
もちろん、ここの店主のジョーク  あとからちゃんとミディアムサイズが出てきた
   
ここの店主に写真を撮ってもらった

 ユーモアのある店主の写真を撮ろうとすると
ベレー帽と太くてどっしりした杖を小道具用に持ってきて
一緒にパチリ!
笑いながら楽しいひと時を過ごした

 次のページへ

 トップページへ戻る