スペイン巡礼路 800kmを歩く
          サン・ジャン・ピエ・ド・ポー(フランス)から、
                    
サンティアゴ・デ・コンポステーラ(スペイン)へ


 1・2日目 5/21・5/22
出国・サン・ジャン
 3日目 5/23
ロンセスバーリュス
 4日目 524
スピリ
 5日目 5/25
パンプローナ
 6日目 5/26
プエンテ
 7日目 5/27
エステーリャ
 8日目 5/28
ロス・アルコス
 9日目 5/29
ビアナ
 10日目 5/30
ナバレッテ
 11日目 5/31
アソフラ
 12日目 6/1
グラニヨン
 13日目 6/2
ビジャン
 14日目 6/3
アタプエルカ
 15日目 6/4
ブルゴス
 16日目 6/5
オルニージョス
 17日目 6/6
カストロ・ヘリス
 18日目 6/7
フロミスタ
 19日目 6/8
カリオン
 20日目 6/9
カルザディージャ
21日目 6/10
サアグーン
 
 22日目 6/11
エル・ブルゴ
 23日目 6/12
マンシージャ
24日目 6/13
レオン
 
25日目 6/14
サン。マルチン
 
 26日目 6/15
アストルガ
27日目 6/16
ラバナル
 
28日目 6/17
モリナセカ
 
29日目 6/18
カカベロス
 
30日目 6/19
バルカルセ
 
31日目 6/20
オ・セブレイロ
 
 32日目 6/21
トリアカステーラ
 33日目 6/22
サリア
 34日目 6/23
ポルトマリン
 35日目 6/24
パラス・デ・レイ
 36日目 6/25
メリデ
 37日目 6/26
サルセーダ
38日目 6/27
ラザロ
 
39日目 6/28
サンティアゴ
 
 40日目 6/29
サンティアゴ
41日目 6/30
マドリード
 
 42日目7/1・43日目 7/2 出国・帰国


 17日目 6月6日(水)
   
【オルニージョス・デル・カミーノ・・・カストロ・ヘリスへ
                             20.33km 
(合計329.43km)
                 ※ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス ≠飛行機  ⇔その他
                    

食堂に朝食の用意
朝食は頼まなかったが、
ドーネーションで食べたり・飲んだりできた

 6:50発
人けのない静かな町の中を歩く

   
 日の出  7:00

トウダイグサの仲間:トウダイグサ科
 
 
 脚長な私  7:03

   
 小鳥がいた  スズメ程の大きさ

 緩い登りを登りきった所は、
だだっ広い真っ平らな場所だった
こんな所にも貝の印 ↓  7:45


 
 遠くに、風力発電の風車がずらり  道の反対側にもずらり

 
 ここをクリックすると大きく見えます
 アルベルゲの呼び込み広告


瑠璃色の花

 

ここをクリックすると大きく見えます
 
ミニサイズのヒナゲシ?:ケシ科
あれ?ヒナゲシそっくり  でも、とても小さい

 
 アザミの仲間:キク科
アオイの仲間:アオイ科
背が低く小型のアオイ

 
ここをクリックすると大きく見えます
 
シソ科かな?

 
ここをクリックすると大きく見えます
町が見えてきた  道はそのまた向こうの丘まで続いている

「オンタナス」の文字  9:30
オルニージョス・デル・カミーノから、約11kmの地点
まだ、ここから宿まで約10kmある

教会の前を通って・・・

もう一つ協会の前を通って・・・  9:48

直進の黄色い矢印
サンティアゴまで、あと457kmだって

どうやら、ここで直進しないで、
道なりに左へ進んで行ってしまったのが
車道を歩く原因になったらしい

花に見とれ、花の写真を撮りながら歩いていた

マメ科
前に二人歩いているから大丈夫と、安心していた

これがその二人連れ

昨日はつぼみばかりだったが、
咲くとこうなるんだね・・・なんて撮っていたら
前の二人の姿がふと消えてしまった

どこにも分岐なんてなかったし・・・と引き返して確認した
あるにはあったが、矢印のない草むらの道
と、思いながら右手の山沿いを見ると、ペレグリーノたちが歩いている
友人と、昨日から同行している埼玉の男性の姿もある
最後に見た矢印まで引き返そうかと思い、ウロウロしていると
遠くから、農家の人らしい二人が、手まねで「そのまま前進していいよ~」の合図
えっ~と思ったが、なおも声を出しながら私に勧めるので、指示に従って車道を歩くことにした
車道とカミーノ(巡礼路)は、並行しているようで、ずっと右手に彼等を見ながら歩いた
そして、ここがその合流点  カミーノと車道が合流した  10:48


ここをクリックすると大きく見えます

ここをクリックすると大きく見えます
車道を歩いて、
立派な「ルイナス・デ・サン・アントン」の史跡へ
あと、約4kmで今日の宿に着ける

ヒナゲシが見事


ここをクリックすると大きく見えます
こちらも、麦畑にヒナゲシ

犬連れの夫婦
犬が毎日20kmも歩いて大丈夫なのだろうか?
犬は、舗装路ではない、土の道を選んで歩いていた
私も見習おうっと

教会が見えた

ここから右手の道に入る

立派な教会の前を通って・・・

あの小高い丘の上に、城壁のような跡がある

   
 今日のアルベルゲは、一番奥にあるらしい
どんどん登っていって
やっと着いたのがここ  12:10

 順番に受付をして・・・  12:18
・・・・・・・・
毎日どこかで雨が降るのが常だったが
今日は珍しく雨のない一日だった
来ていた服すべて、帽子・タオル・バンダナまで
全部洗ってしまった

    
 ベッドルームに案内された
広い場所にベッドがずらり
二段ベッドじゃないベッドが良かったなあ・・・

 このアルベルゲで特筆すべきは、この白い物体 ↑
洗った洗濯物を入れて蓋をすると
自動的に回って、下から絞り出された水が出てくる
水が出なくなったらOK
この遠心分離機のおかげで、衣類が早く乾いた
他のアルベルゲでも揃えてほしい!

   
シャワー・洗濯・洗濯物干しの後で、近くのバルへ  13:27
毎日使っていた言葉=「カーニャー・グランデ・ドス(生ビールを大ジョッキで二つ)」
おつまみは、スペイン風オムレツ(中の具はお店によって様々)
分厚い所はどこも同じだったが、味は薄めが多かった

 17:50  今日の夕食は、スーパーで買ってきたレンチンもの
埼玉の女性も自炊好きだったが、
新しく加わった埼玉の男性も自炊好きで、手際がいい
以後、歩く時はバラバラでも、泊まるアルベルゲは一応取り決めておいて
先に着いたら3人分のベッドが空いているか尋ねることにした

 次のページへ

 トップページへ戻る