スペイン巡礼路 800kmを歩く
          サン・ジャン・ピエ・ド・ポー(フランス)から、
                    
サンティアゴ・デ・コンポステーラ(スペイン)へ


 1・2日目 5/21・5/22
出国・サン・ジャン
 3日目 5/23
ロンセスバーリュス
 4日目 524
スピリ
 5日目 5/25
パンプローナ
 6日目 5/26
プエンテ
 7日目 5/27
エステーリャ
 8日目 5/28
ロス・アルコス
 9日目 5/29
ビアナ
 10日目 5/30
ナバレッテ
 11日目 5/31
アソフラ
 12日目 6/1
グラニヨン
 13日目 6/2
ビジャン
 14日目 6/3
アタプエルカ
 15日目 6/4
ブルゴス
 16日目 6/5
オルニージョス
 17日目 6/6
カストロ・ヘリス
 18日目 6/7
フロミスタ
 19日目 6/8
カリオン
 20日目 6/9
カルザディージャ
21日目 6/10
サアグーン
 
 22日目 6/11
エル・ブルゴ
 23日目 6/12
マンシージャ
24日目 6/13
レオン
 
25日目 6/14
サン。マルチン
 
 26日目 6/15
アストルガ
27日目 6/16
ラバナル
 
28日目 6/17
モリナセカ
 
29日目 6/18
カカベロス
 
30日目 6/19
バルカルセ
 
31日目 6/20
オ・セブレイロ
 
 32日目 6/21
トリアカステーラ
 33日目 6/22
サリア
 34日目 6/23
ポルトマリン
 35日目 6/24
パラス・デ・レイ
 36日目 6/25
メリデ
 37日目 6/26
サルセーダ
38日目 6/27
ラザロ
 
39日目 6/28
サンティアゴ
 
 40日目 6/29
サンティアゴ
41日目 6/30
マドリード
 
 42日目7/1・43日目 7/2 出国・帰国


 27日目 6月16日(火)
   
【アストルガ・・・ラバナル・デル・カミーノへ  19.61km(合計537.05km)
                 ※ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス ≠飛行機  ⇔その他
                    


ここをクリックすると大きく見えます
アルベルゲ 6:51発
アストルガ司教館
ガウディが手掛けた建物だって

ここをクリックすると大きく見えます

ここをクリックすると大きく見えます
立派!  これも立派な大聖堂


ここをクリックすると大きく見えます
 
 「ムリアス・デ・レチバルド」の文字  7:49
アストルガから約4.3km地点
まだ、ここから15km以上歩かないと
今日の宿に着かない

 黄色は、いい匂いのするマメ科の花
   
ジギタリスの仲間:オオバコ科

ここから右折  8:36
 
 ラベンダーの仲間:シソ科  「サンタ・カタリナ・デ・ソモザ」の文字」  9:03
教会が見える

 
教会とコウノトリの巣  9:07

 
ここをクリックすると大きく見えます
 
ここをクリックすると大きく見えます
雪の残っている山を左に見て歩く

   
   

ここをクリックすると大きく見えます
 
山岳地帯に入ってくると、次から次へと花が変わる

 
山の景色もどんどん変わって来る
雪の残っている山は、まだ他にもあった


ここをクリックすると大きく見えます
 
ノバラの仲間:バラ科

日本で「ノボリフジ」と呼んでいる花:マメ科
 
「エル・ガンソ」の文字  10:13
あと、7kmほど歩けば今日の宿のある
ラバナル・デル・カミーノにつく

 ここの教会の塔にも、コウノトリの巣
 
   
 
 皆、白い花だが、それぞれ違う種だと思う

  
 ツガザクラの仲間:ツツジ科


ここをクリックすると大きく見えます

ここをクリックすると大きく見えます
 巡礼路の左右は、見事なお花畑

   
 新顔の花  ここから急に現われた

 ここをクリックすると大きく見えます
 ピンクの群生が見える


ここをクリックすると大きく見えます
 
蛍光色の花は目を惹く

 
この花、新顔

 
大きな茶色の玉(実)  直径5ミリほどもあった

 
 黄色いマメ科の花は顔なじみだが
これは白色

 「ラバナル・デル・カミーノ」の文字  12:20
ここが町の入り口
   
 左  ここが、町に入って最初のアルベルゲ  12:28着
打ち合わせでは、二つ目のドーネーションで・・・ということになっていたが、
「疲れ果てて、「ここにしようよ~」と提案
 OKされたので、今日の宿になった
隣のバルでビールが飲めることが決定打
待望のビールを飲んだが、おつまみがおいしくない
今までで一番おいしくないので、他のバルの様子を偵察に出かけた
時間が悪いのか、おいしいおつまみはなかったので、ビールだけ飲んで帰ってきた
右  
宿泊手続き

   
 ベッドルーム

キッチン  設備はあまりない 
   
 ダイニング  自販機はある

 洗濯干し場は、アルベルゲから少し歩いたところ
・・・・・・・・
ビールを飲みながら、途中で席を立つと、
飛んでくる綿毛が入りそうな程
どんどん雪のように飛んでくる
その元凶は、多分この背の高い木

   
小さな集落なのに、教会が複数ある

   
アルベルゲの隣にバルはあるが、メニュー(定食)がないので
少し足を延ばして、ここで夕食をとることにした  12ユーロ
魚のスープ・牛肉のフィレ・フルーツサラダ
味はイマイチ  スープ=味に深みがない
牛肉=味が薄いので、塩・コショウ・ビネガーまでかけた  そして硬い
茶色の壺は赤ワイン=3人で全部は飲めなかった

 次のページへ

 トップページへ戻る