スペイン巡礼路 800kmを歩く
          サン・ジャン・ピエ・ド・ポー(フランス)から、
                    
サンティアゴ・デ・コンポステーラ(スペイン)へ


 1・2日目 5/21・5/22
出国・サン・ジャン
 3日目 5/23
ロンセスバーリュス
 4日目 524
スピリ
 5日目 5/25
パンプローナ
 6日目 5/26
プエンテ
 7日目 5/27
エステーリャ
 8日目 5/28
ロス・アルコス
 9日目 5/29
ビアナ
 10日目 5/30
ナバレッテ
 11日目 5/31
アソフラ
 12日目 6/1
グラニヨン
 13日目 6/2
ビジャン
 14日目 6/3
アタプエルカ
 15日目 6/4
ブルゴス
 16日目 6/5
オルニージョス
 17日目 6/6
カストロ・ヘリス
 18日目 6/7
フロミスタ
 19日目 6/8
カリオン
 20日目 6/9
カルザディージャ
21日目 6/10
サアグーン
 
 22日目 6/11
エル・ブルゴ
 23日目 6/12
マンシージャ
24日目 6/13
レオン
 
25日目 6/14
サン。マルチン
 
 26日目 6/15
アストルガ
27日目 6/16
ラバナル
 
28日目 6/17
モリナセカ
 
29日目 6/18
カカベロス
 
30日目 6/19
バルカルセ
 
31日目 6/20
オ・セブレイロ
 
 32日目 6/21
トリアカステーラ
 33日目 6/22
サリア
 34日目 6/23
ポルトマリン
 35日目 6/24
パラス・デ・レイ
 36日目 6/25
メリデ
 37日目 6/26
サルセーダ
38日目 6/27
ラザロ
 
39日目 6/28
サンティアゴ
 
 40日目 6/29
サンティアゴ
41日目 6/30
マドリード
 
 42日目7/1・43日目 7/2 出国・帰国


 30日目 6月19日(火)
   
【カカベロス・・・ベガ・デ・バルカルセへ  24.55km(合計608.53km)
                 ※ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス ≠飛行機  ⇔その他
                    

夜中の2時頃、トイレへ行こうと外へ出てみると
ひんやり以上に涼しくていい気持だった
明るい電気がたくさん点いていて、
足元がはっきりしているのはありがたかったが
星がぼんやりとしか見えなかったのは、残念!

アルベルゲ出発  6:55
   
ここをクリックすると大きく見えます
 しばらくは車道歩き
「サンティアゴまであと220km」の文字
よく歩いてきたね~

 サクランボの大木
収穫を前提としないで伸びるにまかせているみたい

キク科

 
ノイチゴの仲間:バラ科
右と同じように見えるが、
葉っぱと花の付き方が違うし
咲いたばかりの花が薄ピンク色・・・も異なる点

 これも、ノイチゴの仲間:バラ科
左とは種類が違うなあ・・・と、思いながら歩いていた

ムラサキニガナの仲間:キク科

26日目(6/15)、
アストルガの岩崖に咲いていた花と同じ

 
左  「ビジャフランカ・デル・ビエルソ」の文字  9:08
右  T字路に、古い石造りの建物  ここを右折

古い町並みコースと、
車道歩きコースに分かれていたので
黄色い矢印のある、古い方へ右折


 狭い石畳の道を
一方通行で車が走ってくるので、要注意
黄色い矢印を見つけ、右折すると・・・



ここをクリックすると大きく見えます
 
大きな橋の架かっている広い車道に出た  9:28
橋の上からビジャフランカを望む

 その橋のたもとに建っていたペレグリーノの像
   
 前方、高速道路風の高架橋



 広い車道の隣が巡礼路
時々、高架の下もくぐる三つ巴
時々、自転車隊が追い抜いていくこともある

 
「ペレジェ」の文字  10:41
時々車道脇の道から外れて
集落の中(ペレジェ)を通るようになっている

川沿いの道は、せせらぎの音が聞こえて涼し気
   
 カミーノの黄色い矢印を確認して歩く

まだまだ続く、車道横の巡礼路
日陰は涼しいが、日向はじりじり

「トラバデロ」の文字
「サービス・エリア」となっていて、
ベンチが置いてある    10:41

 いつまでこんな道を歩くのだろう・・・  11:15
 
やっと「トラバデロ」の集落の入口になった  11:32

 「トラバデロ」の集落の中を通って…
また車道横の道へ  あと、約7km

 
「ア・ポルテラ」の文字  13:03
あと、2.5kmほどで今日の宿に着く

「ベガ・デ・バルカルセ」の文字と黄色い矢印
ここから脇道に入る 13:16
 
   
 左 一つ目のアルベルゲ   右 建物横に「ベガ・デ・バルカルセ」の文字  13:32
でも、ここではない・・・  通過

   
 まだかまだかと探しながら
やっと見つけたのが、このムニンシパル
もう町はずれに近かった・・・  3時近かった
 ベッドルーム
・・・・・・・・・・
6:55に出発して、午後1時半か2時頃に着くかと思っていたが
太陽が天中で一番暑い時、スピードが出なかった・・・
このアルベルゲへの坂道を上がるのも、つらかった・・・

既に先行していた友人がパスポートとクレデンシャルを呈示して
5ユーロずつ払ってくれていたので手続きは簡単だった
いつもの3点セットを終わって、バルへビールを飲みに行ったが、
あまりの暑さと、着いた早々にシャワー・洗濯・洗濯物干しをしたせいか
くらくらとめまいがして世の中が白っぽく見えるようになった・・・
いっとき目をつぶっていたら、だんだん景色に色がついてきた・・・
ビールは飲めたが、このお店にはWifiがなかったので、早々にアルベルゲへ帰った

   
 2階にキッチン
その右が、ベッドルームの入口

 2階からの眺め
    
 
1階のテラスは木陰で涼しかった 上左の画像のように大きな木が茂っていたから
上右・下  2階へ上がってみると、木の上の方に花が咲いていた!
1階では見えなかったわけ・・・
・・・・・・・・・・・
洗濯して、手絞りで干した洗濯物が3時間くらいでカリッカリに乾いてしまった
一体気温は何度だろうといつもザックに付けている温度計を、直射日光の当たる場所にかけておいたら、38℃!
暑いはず!  めまいの原因も分かった!
・・・・・・・・・・・・
夕食に、定食(メニュー)を食べに出たが、当てにしていたお店はお休み
どこまで行けばそれらしいお店があるのか分からないので、自炊をすることにした
パスタとサラダ  シェフは埼玉の男性
食べ終わった後、片付けの際、お皿を水切り籠に入れた所、
大きなお皿だったので仕切りからはみ出して、あっという間に階段下へガッシャーン
後片付けを手伝ってもらったが、せっかくの美味しい料理にケチがついてしまった
二人に謝った後、ここのオーナーに「Very Sorry」のわび状を書いて、
机の上に置いておいた
裸足で歩く人もいるので、
細かいカケラまで拭き取ったつもりだが、けが人が出ないことを祈るのみ・・・

 次のページへ

 トップページへ戻る