スペイン巡礼路 800kmを歩く
       サン・ジャン・ピエ・ド・ポー(フランス)から、
                
サンティアゴ・デ・コンポステーラ(スペイン)へ


 1・2日目 5/21・5/22
出国・サン・ジャン
 3日目 5/23
ロンセスバーリュス
 4日目 524
スピリ
 5日目 5/25
パンプローナ
 6日目 5/26
プエンテ
 7日目 5/27
エステーリャ
 8日目 5/28
ロス・アルコス
 9日目 5/29
ビアナ
 10日目 5/30
ナバレッテ
 11日目 5/31
アソフラ
 12日目 6/1
グラニヨン
 13日目 6/2
ビジャン
 14日目 6/3
アタプエルカ
 15日目 6/4
ブルゴス
 16日目 6/5
オルニージョス
 17日目 6/6
カストロ・ヘリス
 18日目 6/7
フロミスタ
 19日目 6/8
カリオン
 20日目 6/9
カルザディージャ
21日目 6/10
サアグーン
 
 22日目 6/11
エル・ブルゴ
 23日目 6/12
マンシージャ
24日目 6/13
レオン
 
25日目 6/14
サン。マルチン
 
 26日目 6/15
アストルガ
27日目 6/16
ラバナル
 
28日目 6/17
モリナセカ
 
29日目 6/18
カカベロス
 
30日目 6/19
バルカルセ
 
31日目 6/20
オ・セブレイロ
 
 32日目 6/21
トリアカステーラ
 33日目 6/22
サリア
 34日目 6/23
ポルトマリン
 35日目 6/24
パラス・デ・レイ
 36日目 6/25
メリデ
 37日目 6/26
サルセーダ
38日目 6/27
ラザロ
 
39日目 6/28
サンティアゴ
 
 40日目 6/29
サンティアゴ
41日目 6/30
マドリード
 
 42日目7/1・43日目 7/2 出国・帰国


 42日目 7月1日(日)
    
【夜、マド―リード空港から出国

               ※ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス ≠飛行機  ⇔その他

   
 朝食  8:26
友人は食べたくない…とのことで
私一人ホテルのレストランへ

ビュッフェ・スタイルだった
「朝食の予約は時間が遅くてできなかったので
現金払いで」・・・と竹澤さんからメール
部屋番号の書いてあるカードを見せてOK
サラダ・フルーツ・ハム・ジュース類・
ヨーグルト・卵料理など
ずらりと並んでいる久しぶりの豪勢な食事
パンや菓子パン類は食傷気味なのでパス!

ベーコン・ソーセージ類は塩辛く、卵料理は薄味で、
目は楽しんだが、
舌は早く日本へ帰りたいと訴えていた

12:00にチェックアウトして、
ザックはホテルのロッカーへ預け、
昨日のレストランまで一緒に出かけた

美術館へ行くという友人はコーヒーを
私はビールを飲んで分かれた
   
   
ホテルへの帰り道、行きとは異なるコースを歩いていたら、
ふと道に黄色いものが落ちていることに気付いた
見上げると、木の花だった
ボダイジュの花に似ていた:シナノキ科 
左上 木の全体像
その他3枚 花の様子
↓  車の上にもいっぱい落ちていた


   
ホテルへ帰って、ロビーで待つことにした
15:00頃には友人も戻ってくるとのことなので、
それからタクシーを頼んで空港へ向かうつもり

   
タクシーで空港へ向かう
  
空港に着いた 15:15

   
マドリードの空港内には、レストランがない(みたい)  15:50
やっと探し当てたのがここ  ファーストフード店
膝が痛い私を気遣って、お店探しから、注文・運び屋まですべて友人のお世話になった

 チェックインをすると、竹澤さんから連絡があったらしく車椅子が用意されていた
ダブルストックがないと「ゆっくり・そろり」歩きか、
手すりや壁伝いでないと歩けない状態なので、有り難く利用させてもらった(身体障碍者扱い)
ダブルストックは袋に入れてザックの横に収納

セキュリティーチェックも、並んでいる人の列の間に割り込んですいすいと済んでしまった
なんだか気恥ずかしく、後ろめたさを味わいながら押してもらっていた1803んwkz10
専門のスタッフが車椅子を押して、次の人にバトンタッチして・・・というシステム
ここで時間待ち  17:47
友人は、お土産を探しに出かけた

   
特別ルートの「超ショートカット」で
通路を押してもらって・・・  18:38

 ゲート「A8」へ  18:49
   
車椅子スタッフ  二人いるのは、私の他にもう一人コリアンの女性がいたから  19:45
この二人のスタッフは、ず~っと私たちに付きっ切り
搭乗入り口まで付き合ってもらった
ありがとうのお礼と握手で分かれた

   43日目 7月2日(月)
   
【帰国  
 
機内では、寝るのも苦しく、起きているのもつらい状態なので
気を紛らせる方法として洋画の吹き替えを3本も見てしまった!
「スリー・ビルボード」「15:17発、パリ行」「ロングロングバケーション」
どれも中身の濃い内容で、つい時間を忘れてのめりこんだ・・・

もうすぐインチョン空港
車椅子を用意しているから最後まで座って待っていて・・・と、アテンダント声をかけられた

   
インチョン空港に着いた
車椅子ではなく、係員の腕にすがってから、電気自動車に乗ってゲートまで送ってもらった

 
今まで気が付かなかったが、こんな電気自動車が何台も走っていた

   
お腹が空いたので、この空港でユーロが使えるか友人に聞いてもらったところ
「札」ならOKとのことで、サンドイッチとジュースを買ってきてもらった
・・・・・・・・・・・・
中部国際空港には、20:55着の予定だったが少し遅れて到着
今までと同じように、「最後まで座って待っていて」とのことで、他の乗客の最後から歩いて行った
すぐ、車椅子に乗って超ショートカットでバッグの受け取り場所まで送ってもらい
そこからは、自力で歩いて、荷物宅配受付まで行き、
大きなザックを預けて、ショルダーバッグ一つと、ダブルストックで名鉄電車駅へ
「ミュースカイ」22:07発に乗り、金山で乗り換え多治見へ
多治見からタクシーで帰宅  ぎりぎり今日のうちに帰宅できた

翌日、整形外科で受診し、ヒアルロン酸の注射を打ってもらった
1週間おきに計3本打ったところで、痛みが少なくなったので
治療はそこで終了

咳・喉の痛み・鼻水は、内科を受診したが、
湿っぽい日本の空気に触れているうちに回復できた

 
 トップページへ戻る