スペイン巡礼路 800kmを歩く
          サン・ジャン・ピエ・ド・ポー(フランス)から、
                    
サンティアゴ・デ・コンポステーラ(スペイン)へ


 9日目 5月29日(火)
   
【ロス・アルコス・・・ビアナへ   18.8km (合計154.19km)
                 ※ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス ≠飛行機  ⇔その他
                    

朝食  6:20
パン・マーガリン・ジャム・クラッカー
パサパサして、喉通りが悪い

アルベルゲ 出発 7:12
教会の前を通って・・・ 門をくぐって・・・
それにしても、石造りの町並みが
ずいぶん残っていること!残してあるというべきかも


ここをクリックすると大きく見えます
川の両岸にふわふわした花!

ブーンブーンと音がしていたのは、草刈り機の音だった

何の実だろう  ウメに似ているような・・・
長径2~2.5cm程

次の町(サンソル)が見えてきた  車道歩きは、基本左側通行
車は右を走るから対面通行になる

   
8:48  友人達がバルで休んでいた
私が先に出発しても、
あっという間に追い越されるほど足が速い

指標↓に従って、広い車道を外れて左折


縦棒に「サンソル」の文字
青地の板に、「ビアナ 11.2km」の文字
ビアナは、今日の宿の地

さっきの実とはまた違う細長い実がなっていた
長径3cm程

 9:10  大きな町が見えてきた

9:15  登りはきつい
地面にも、建物にも黄色い矢印

古い建築がよく保存されている
ヘルメットをかぶっているのは自転車隊の証拠


ここをクリックすると大きく見えます

ここをクリックすると大きく見えます
キク科
町を外れるとまた花に出会える
坊主頭のように咲くキク科の花

薄桃色の花  直径2cm程


ここをクリックすると大きく見えます
 ノリウツギのような咲き方

薄紫の花
花の大きさの割に、大きな長い実がなっていた

   
左  ドーネーション(志だけでいいよ)のお店
バナナを貰っても、ジュースを飲んでも、
いくらとは決まっていなくて、寄付の形で空き缶に小銭を入れる仕組み
右  そのお店の傍に、ケルンがたくさん並んでいた


ここをクリックすると大きく見えます
背丈10~15cm程

   
こちらは、葉っぱも萼も毛深い花  背も高い


ここをクリックすると大きく見えます
派手やかな花だが、「科」が分からない

シソ科?
背丈30~40cm程で群がって咲く

ぱっと見て、「バラ科」だと思ったが、様子が違う
この地で、初めて出会った

今度は丸っこい実  萼が長かったらしい

グラジオラスの仲間:アヤメ科
野生のグラジオラス

 前方の丘を登るのだろうか?

 
 
アザミの仲間:キク科
 丘を登り切ると、アザミの大群がお出迎え

 今度は下り

 
 「ビアナ」の文字  ビアナの町の入口  12:25

   
さて、今日のアルベルゲは、
ムニンシパルの「サンタマリア」と聞いている
「サンタマリア」で3人揃ったが、
休業中だったので、
他のアルベルゲを探すことになった

12:35  ここが、探し当てたアルベルゲ
時間外だったようで、受付に人は無し



待っている間、周りを見学
少し先には見晴らし台(左)
右  この立派な教会のすぐ足元が、今日のアルベルゲ

12:55  受付開始

マイルーム・マイベッド
ここのマットレスは、ねちゃっとしていて布ではない
貰ってきた不織布のシーツと枕カバーを
かけることになっている

14:45  シャワー・洗濯・洗濯物干しの後は、まずバルでビール!
右  左は、ミニサイズ  右二つはミディアムサイズ


ここをクリックすると大きく見えます
12:25 この教会の前がインフォーメーションだった

15:03  知人とばったり!
昨日、バルでビールをごちそうになった男性
・・・・・・・・
この後、急にカミナリが鳴り出し、雨が降ってきたので、
慌てて走って帰り、洗濯物を取り込んだ
が、全然乾いていなかったので乾燥機に入れた
3ユーロでホカホカに出来上がって感激!

左 19:05 夕食は、自炊  キッチンの設備が整っていると、作る方も気合が入る  
右  食事後のんびり過ごす  20:40
・・・・・・・・
雨のため、予定変更したペレグリーノたちが続々と入ってきて
しまいにはベッドがなくて、階段下スペースで寝ている人達もいたほど

 次のページへ

 トップページへ戻る