スペイン巡礼路 800kmを歩く
       サン・ジャン・ピエ・ド・ポー(フランス)から、
                
サンティアゴ・デ・コンポステーラ(スペイン)へ


 1・2日目 5/21・5/22
出国・サン・ジャン
 3日目 5/23
ロンセスバーリュス
 4日目 524
スピリ
 5日目 5/25
パンプローナ
 6日目 5/26
プエンテ
 7日目 5/27
エステーリャ
 8日目 5/28
ロス・アルコス
 9日目 5/29
ビアナ
 10日目 5/30
ナバレッテ
 11日目 5/31
アソフラ
 12日目 6/1
グラニヨン
 13日目 6/2
ビジャン
 14日目 6/3
アタプエルカ
 15日目 6/4
ブルゴス
 16日目 6/5
オルニージョス
 17日目 6/6
カストロ・ヘリス
 18日目 6/7
フロミスタ
 19日目 6/8
カリオン
 20日目 6/9
カルザディージャ
21日目 6/10
サアグーン
 
 22日目 6/11
エル・ブルゴ
 23日目 6/12
マンシージャ
24日目 6/13
レオン
 
25日目 6/14
サン。マルチン
 
 26日目 6/15
アストルガ
27日目 6/16
ラバナル
 
28日目 6/17
モリナセカ
 
29日目 6/18
カカベロス
 
30日目 6/19
バルカルセ
 
31日目 6/20
オ・セブレイロ
 
 32日目 6/21
トリアカステーラ
 33日目 6/22
サリア
 34日目 6/23
ポルトマリン
 35日目 6/24
パラス・デ・レイ
 36日目 6/25
メリデ
 37日目 6/26
サルセーダ
38日目 6/27
ラザロ
 
39日目 6/28
サンティアゴ
 
 40日目 6/29
サンティアゴ
41日目 6/30
マドリード
 
 42日目7/1・43日目 7/2 出国・帰国


 40日目 6月29日(金)
   
【マドリードへ行く列車の空席がない!⇒サンティアゴのホテルで泊まる
              ※ー鉄道 =自動車 ・・・徒歩 ⇒バス ≠飛行機  ⇔その他
                    

未明、「ウェブトラベル」の武澤さんから連絡が入った
「・30日の便への変更は可能だが1人117.900円の追加料金となる
・7/1なら56.900円
・支払いはクレジットカードでメール決済
・ホテルの予約はキャンセルしたが、同じホテルへの変更は確保できない
・他のホテルなら可能
・列車の切符は変更できないので放棄して、新しく購入して(約60ユーロ)
直通の列車は、07:48と15:12発
・いつでも出発できるようにマドリードへいらっしゃい」・・・とのこと
・・・・・・・・・・・・・・・・
友人を起こして、廊下にある椅子に座って相談したところ、7/1発に決定
「・15:12の列車で行くこと・新しいホテルの予約をとってもらいたいこと」を武澤さんにメールで頼んだ

また、 「アルベルゲに泊まる毎日だったので、それが虫に刺される原因かもしれないと思うので
1日も早くマドリードのホテルに行くことを希望します」と竹澤さんにメール送信
それにプラス、私は空港に着いたら、車椅子の手配をお願いした
なにせ、ダブルストックか、壁や手すりにつかまってでないと歩けない状態だから

6/29・6/30の2日間、マドリードのホテルを予約してもらい
7/1に出国することになった
ただし、クレジットカード決済が終わった時点で次の段階に進む・・・とのことで
連絡は私のメールアドレスにしてもらい、カードは友人のVISAカードを使い
カード決済文書に一人分ずつ名前やカード番号などを入力して、支払い手続きをした
・・・・・・・・・・・・・・・・
これで安心してマドリードに行ける(はずだった)

14:20頃に、タクシーに来てもらうよう、スタッフに頼み
15:12発のマドリード行きの列車に乗るつもりだった

ここまでのあれこれは、食堂で簡単な朝食をとってからずっと
食堂兼待合室でメールが来るのを待ち、それに返信し、
また次のメールを待つということを出発間際までしていた

食堂兼待合室で待機中、友人は虫刺されへの対応
大小さまざまな水泡が手足にできている
大きい物は、直径3cm、高さ2cmの水泡!
それを、糸を通した針で突き抜けさせて、糸を両側に出したまま切って
その糸に水泡内の浸出液を伝わせて水を抜く・・・と言って
ブチュッと、一つ一つの水泡に針を突き刺していた
注射針が刺さるところだって見ておれない私なので、ブチュッの手伝いはとても無理
刺し終わった糸を切ることと、傷テープを貼ることくらいしか手伝ってあげれなかった


列車に乗ってしまったらもう連絡が取れないかもしれないと思い、
携帯用の「HUAWEI(フアウェイ)」という名前の
cheero Powerbox
(大容量モバイルバッテリー)を充電しておいた
あとでこれが大活躍!

下車する駅の名前を聞かないうちに出発の時刻となった

14:20  外でタクシーを待つ
サンティアゴの町もこれで見納め・・・と思っていた

タクシーが来た  14:30
タクシーの中から町の様子を眺める
14:35  サンティアゴの鉄道駅に到着
 ・・・・・・・・・・・・
さあ切符を買おうとすると、窓口のスタッフに「満席でない」と言われた
サンティアゴのお祭りだったかららしい

「ええっ!どうしよう!」と思ったら「インフォーメーションへ」行くように言われた

どこ?インフォーメーションは?場所を聞いて行ってみた

「今日も明日も明後日も満席!」の返事
ええっ!?日本に帰れない!

「バスはどうだろう」と友人
バス乗り場はどこ?  タクシーで行こう!とタクシー乗り場へ

順番を待つ列に並ぶ
すぐ後ろに並んだ男性に、「マドリードへ行くバスはありますか?」と友人が尋ねた

早口の英語で、「あるよ」「一緒に行ってあげよう」と

タクシーに乗る

バスターミナル前で降りて、男性と別れ窓口へ
窓口の年配の女性に聞くと「今日はないけれど、明日の9:45ならある」と

やった~  チケット購入

足は確保できたが今日の宿がない
ウェブトラベルの武澤さんにメールしたいが、ネットがつながるだろうか?
こんなこともあろうかと学食で待っている間に充電しておいた
「FUAWEL」の電源を入れると、つながった!
今の状況を説明

さっきのチケット売り場の女性に「ホテルでもアルベルゲでもいいので、
お勧めがないか聞いてみたら」・・・と友人に提案
友人が話してみると、すぐに電話を取って、ホテルへ電話をし、予約をとってもらった
ありがとう~  思わす握手を求めてしまった

場所が書いてある地図をもらった

駅の裏という説明だったが、どこから裏へ行くのか連絡通路の場所がわからない

通りすがりの年配の女性に聞くと、わざわざ引き返して通路の場所を教えてもらった

ホテルへ行く途中、あまりにも簡単な地図だったので
横断歩道を渡っていいものかどうかが分かりにくい
若い女性に尋ね、横断歩道を渡り、ずいぶん長く感じながらも無事ホテルに到着!
・・・・・・・・・・
これで何人の人から親切にしてもらったことだろう・・・
この旅全体を考えれば(分からないときは聞くという主義なので)膨大な人数になる
日ごろ、困っている人がいたらお節介と思われるほど声をかけ、
尋ねられたことにはできるだけ心を込めて対応しているので
ここで、そのお返しが来たかもしれない・・・

声をかけやすい人というのは直感的にわかるもの
で、顔に表れる(と、思っている)
・・・・・・・・・・・
竹澤さんからも、何度もメール着信
・ホテルは「グランベルサレス」に決定  大変お値打ちです
・マドリードのバスターミナル(終点)からはタクシーでホテルへ 約20分
・マドリード到着はおよそ19:30頃
・メールにあるホテル名と住所をタクシードライバーに見せて
・ホテルノバウチャーを添付しました(これをホテルスタッフに見せればOK)
・7/1発のEチケットを添付しました フライトスケジュールも
・出発は、マドリード空港のターミナル1 カウンターでパスポートを見せればOK
・車いすはリクエストしました

・・・・・・・・・・・・
至れり尽くせりの対応で感激
サンティアゴ鉄道駅でのチケットが取れにくいことを知らせてもらっていたら、満点の対応

これが紹介してもらったホテル「キャピタル・ガリシア」  16:00着
サンティアゴ鉄道駅で途方に暮れてから1時間半で、急転直下の解決となった

ベッドカバーのあるベッドなんて!と感激

バスタブはあった!
プールで泳いでいるファミリーを、窓から見下ろす

お腹が空いたので夕食場所を探しに出かけた  19:40
フロントの男性から、
ショッピングモールを勧められたが
子供とファミリー向けが主で
大人向けの食事がない・・・

 かろうじてこのお店がまあまあだった
ビールとおつまみで夕食替わり

波乱万丈の1日は終わった
 次のページへ

 トップページへ戻る